徒然の記〈聖なる日に☆☆☆〉

聖なる年へ☆.png

いと高き所では、神に栄光があるように。地の上では、御心にかなう人々に平和があるように。(ルカ2:14)

 寒冷の候。
 暮れも押し詰まり、今年もまたイルミネーションが映える季節になりました。
 早いものです。本当に速いものです。
 毎年同じことを書いているので、すでにマンネリ化しちゃいましたが・・
 とにかく<時間>秒速で去って行くようになって幾年月。
 毎日同じ風景の中で、が来て、が来て、またが来て、が来て・・・
 一週間が過ぎて、一か月が過ぎて、一年が過ぎて・・(ふ~~)
 気がつけば、10年なんざ朝めし前の白日夢。
 意味もなく、空疎な日々が消滅して行きます。


日めくり3.jpg

    雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう
    Silent night, Holy night ♪
    きっと君は来ないひとりきりのクリスマス・イブ ♪
    Silent night, Holy night・・・(略)


 そういえば・・今年はいつもの<山下達郎>CMソングが流れてこないけど・・なんて思っているうちに、早や本番のクリスマスが・・。

ツリー.jpg


 世の中は、動いているんですね。
 しかも、かつてない激動の時代です。
 西暦2021年。国際的には、アメリカでは<トランプ大統領>から<バイデン大統領>に替わり、ドイツでは<メルケル首相>から<ショルツ首相>に替わり、我が日本でも<菅総理大臣>から<岸田総理大臣>に替わりました。
 
トランプ&バイデン.jpg

ドイツ首相.jpg

菅総理&岸田総理.jpg


 また、世相的には、<新型コロナウイルス>に翻弄されて丸2年。
 中々感染拡大に歯止めがかからず、右往左往しているうちに<ワクチン>の1回目、2回目、更には3回目と、ようやく動き出したと思ったら、今度は<オミクロン株>ですって?
 どうやら今度は変異ウイルスのようですが、欧米では、またしても猛威を振るっているそうです。

コロナ3.jpg


 それにしても・・・ね~。
 果たして、このままエンディングに向かうのでしょうか。
 幸いにして、日本では、ようやく感染者数が減って来たので、ホッとしたと思ったら、このところ再びジワリ、ジワリと増加傾向に転じています。
 も~~、なんざんしょ。このいやがらせのパターンは・・。
 何者かによる地球人へ攻撃?
 何者かって・・もしかして宇宙人
 な~んて、バカな妄想に耽っております。

宇宙人.jpeg

 
 宇宙人と言えば――
 資産家で実業家の前澤友作氏が、<宇宙旅行>に行って帰還しましたね。
 なんでも、日本の民間人としては、初めてロケットに乗って<国際宇宙ステーション>に行ったとかで、12日間滞在して、連日ユーチューブで画像を公開して賑わせていましたが――
 聞くところによると、宇宙に行くための費用って、数十億円とか、百億円とかなんですってね。
 あまりにも高額過ぎて、庶民にはピンときませんが、先ずは無事成功された前澤氏には、敬意を表したいと思います。

前澤氏1.jpg

 でもね。もしも、私が若くて元気だとしても、まだまだ(当分は)宇宙には行きたくありません。
 なぜならば、あまりにも現実過ぎて、未知過ぎて、怖いからです。
 先ほどの「何者か」ではないけれど、「何かに取りつかれたらどうしよう」と思うからです。
 が、一方では、ホラ、よく<宇宙は男のロマン>なんて言うでしょ?
 にとっても、宇宙は永遠の<ロマン>です。

メーテル.jpg

 価値観は人それぞれ。妄想も人それぞれ。ロマンロマンとして、そっとしておきたい気持ちもあるからです。
 いずれにしても、今までは遠かった宇宙が、これからは、更に、更に近くなるのでしょう。
 宇宙旅行の時代到来!感慨深いですね。
 ま、現実のほうは、どうでもいい話ではありますが・・。

前澤氏2.jpg

 話は少々前後しますが――
 改めて2021年を振り返ってみると、やっぱり記憶に残っているのは、7月から8月にかけて開催された<東京オリンピック・パラリンピック>です。
 コロナ禍でのことだったので、誰もが心配しましたが、結果的には、滞りなく終了しました。
 沢山の感動シーンがあったはずですが、今になってみれば、遠い昔の事のように思うのは・・何故でしょう。

東京五輪.jpg


 そうそう、今年の<漢字一文字>は、<金>だそうですね。
 理由としては、<東京オリンピック>金メダル<コロナ>による定額給付金<大谷翔平選手>金字塔からのだそうです。

金.jpg


 で、もうひとつの<新語・流行語大賞>のほうは、こちらもやっぱり、アメリカのメジャーリーグに行った<大谷翔平選手>の活躍から、<リアル二刀流・ショータイム>に決まったそうです。
 私は野球には詳しくはないけれど,大谷選手って、体形といい、ルックスといい、コメント力といい・・勿論実力も、久々に花形的要素を兼ね揃えたスター選手ですよね。
 
大谷選手.jpg

 いずれにしても、日本人の誇りです。是非来年も頑張って欲しいものです。
 因みに、その他トップテンに入ったのは、うっせぇわ 親ガチャ ごん攻め/ビッタビッタ ジェンダー平等 人流 スギムライジング Z世代 ぼったくり男爵 黙食 だそうですが・・
 ん・・?ごん攻め/ビッタビッタスギムライジングぼったくり男爵
 な・何のこと???
 こうなると、書いている私自身、さっぱり、意味が分かりましぇ~ん。
 慌てて調べてみたら、どうやら、いずれも<東京五輪>に関わるワードのようですが・・
 もはや時代に取り残された感が有るような、無いような・・
 いえ、負けてはいられませぬ。まだまだ喰らいついて行きましょう。

アド.jpg


 それにしても、最近しみじみ思います。
 世の中全体が、<デジタル化>と共に進化していることを。
 一般庶民の生活の中に、いつの間にか<オンライン>という通信回路が定着し、ライフスタイルまで変わったことを。
 現に、今や政界にまでオンラインが導入されて、<リモート外交>によって、わざわざ現地に行かなくても世界各国の首脳と会談出来るようになりましたしね。

リモート会議.jpg


 また、我が家にしても、小規模ながら、もすっかり<テレワーク>が板について、自宅で仕事をするようになりました。
 おかげで、四六時中向き合ってツノ・・いえ、和気藹々と親子で過ごす時間が増えましたが―― 
 
テレワーク1.jpg


 考えてみると、つい2~3年前までは、が会社に行かずして、人に会わずして、収入を得るなど、考えも及びませんでした。
 と同時に、一方では、それらの代価として、何かが欠落して行くような気がしてなりません。
 で、ふと思いました。
 世は、まさに宇宙時代です。
 果たして人間は、進化しているのだろうか?それとも、退化しているのではないだろうか?と。

テレワーク中.jpg


 てなことで、相変わらず、あれやこれやと(しょうもない)雑念煩悩にまみれた日々を送りながら、2021年も終わろうとしています。
 なにかと生き難い世の中になりましたが・・
 それでも、なんとか生き抜かねばなりませぬ。

 さて、新年に向かって、いよいよ冬モード全開です。


サンタ3.png


        本年もありがとうございました。
        良いお年をお迎えください。  



牛1.png






この記事へのコメント

ダダさん
2021年12月25日 07:15
来年こそ、病魔退散!

今年は、寺内タケシの訃報が一番応えました。

穏やかなお正月でありますように。
夢子
2021年12月25日 13:19
ダダさん、こんにちは。
今年もありがとうございました。
なんとか無事一年が終わろうとしています。

寺内タケシと言えば、ロカビリー全盛時代の先駆者だったように記憶していますが・・亡くなったんですね。
最近は、自分が若い頃大人だと思っていた人が、次々と亡くなっていくので、何だか心細いような、淋しさを感じています。

ダダさんこそ、どうかゆったりとしたお正月をお迎えください。

この記事へのトラックバック